TOP

 


設計コンペを行っているポータルサイト的な家づくりサイトは山ほどあります。
でも、設計コンペの作品だけでご自身の、またはご家族の暮らしに合った家を造ってくれる設計者を決めることが本当にできるのでしょうか?

のコンシェルジュはあくまで第3者的な立場で、ご家族の暮らし、住まい方、そしてご家族の考える快適な住まいについてお話をお伺いします。
その上でご家族の暮らしに合った住まいを設計してくれる設計者をご紹介します。
ご紹介からご竣工まで、第3者的な立場でご家族と設計者との間に入り、必要適宜ご相談にのらせて頂きます。
実際にはほとんどの物件が何の問題を抱えることなく、施主と設計者とのやりとりに終始していますが、「家族の立場で専門家がサポートしてくれている」 これは私たちが考えていた以上にご家族にとって心強いことのようです。

→ Go to 「コンシェルジュデスクから」

コンサルタントやコーディネーターではなく、あくまでコンシェルジュ。
言ってみれば先頭に立ってご家族を案内するのではなく、少し後ろからゆっくりと背中を押しながら行く先に灯りを照らす、といった感じ。
振り返れば、いつもすぐ後ろにコンシェルジュは居ます。
ご家族の歩幅に合わせ、施主と一緒に 「暮らしから家をつくる」 これがの家づくり。


※コンシェルジュを介すことによって設計料以外に費用が発生することはありません。