TOP

 


■横浜市青葉区/K邸


−施主概要−

40代のご夫婦と幼稚園と小学生のお子さん2人
とご主人のお母様の2世帯家族。

ご主人はテレビドラマプロデュ-サーで音楽、旅行、料理、アウトドアキャンプなど多趣味。
奥様は、インテリアコーディネートやデザインすることがお好きです。
お子さんは、元気な男の子と女の子。
お母様は京都にお住まいでしたが、新築を機に同居されることになりました。

−設計だより−

「土地から探す住まいづくり」からご依頼頂いたご家族です。
ご主人は都心にお勤めなので、通勤圏内の土地をご希望でしたが、奥様は海の近くの土地をご希望でした。土地は満足いただけるまで一つ一つ、ご紹介させて頂きました。

まず、ご夫婦で土地を見て回り、目星が付いた所でお母様にこちらに来て頂いて判断する。 そこで、ご家族の合意が出来なければまた繰り返す。
このようにして、数ヶ月間、多くの土地を見た結果、ご家族のご希望が折り合う、横浜市青葉区に決定しました。
敷地は南斜面地の高台で、一部斜面は緑地を残し、眺望は大変良く、見下ろす街の夜景も大変綺麗なものになっています。

建物に関しては、まず二世帯をどのように分けるかを話し合い、お互いの生活時間やペースが異なるため、玄関を2つにし、外部階段でそれぞれアプローチできるようにして、内部階段でお互いの世帯がつながる
形としました。
ご希望の間取りをやり取りしながら設計を進めて行った結果、法規制もあり3階建となり、お母様の生活のベースは1階として、子世帯は2・3階、1階リビング前には約15帖弱のデッキテラスをつくりデッキから敷地内の緑地越しに眺望が楽しめます。

デッキには船舶用のランプ等を付け、大人数でのバーベキューなどを楽しまれる予定です。
1階はキャンプ用品などを収納する納戸、2世帯共通の客間やご主人の書斎などがあり、2階は主に子世帯の寝室、3階はリビング・ダイニング・キッチン、浴室、デッキバルコニーがあります。

なるべく、ご家族が住まいのどこにいても気配が感じられるようにプライベートな居室以外は、空間が連続するようにしていますが、階段を中心にスキップフロアーで連続しているので変化のある空間となっています。
この敷地の特長でもある良好の眺望を生かすため3階のリビングに続くデッキテラスからの眺望はとても
素晴しいものとなっています。
デッキテラスには浴室も面していて、入浴しながらの眺望も楽しめます。

建物の外壁は曲面壁も可能な左官風仕上げ、内部の壁と天井はドライウオール下地に白の仕上げ床は節付き幅広オークフローリング、玄関ドアは古材風仕上げで重量感のあるドア、窓は木製ペアガラスで断熱性能を確保しています。
冷暖房は大きな空間である為、ダクト式の空調換気としています。

−建物概要−

建設地 横浜市青葉区
構造 木造(2×4工法)
敷地面積  231.22u  69.94坪
建築面積   87.29u
1階床面積  74.41u
2階床面積  75.03u
3階床面積  35.34u
延床面積  184.78u  55.90坪

建築設計:友成 誠実
キッチン・浴室・トイレのインテリアデザイン: 横川 美由紀

−建物仕上−

屋根 防火板下地FRP防水
外壁 目地処理セメントボードの上コテ仕上げ
窓  塩  FRPクラッド木製ペアガラス窓
玄関ドア 製作木製ドア
内部床 オークプローリング
壁・天井 ドライウォール工法   
建具 製作木製建具
キッチン、各部屋の家具製作



東京デザイナーズウィーク 『100% DESIGN』 会場にてImport House of the year 2005 の授賞式が行われ、smicaプロジェクト 「横浜市青葉区/K邸」 がグランプリを受賞ました。
K邸はsmicaが土地探しからお手伝いさせて頂いたとてもスパンの長い物件で、今回、輸入建材などを多用したことから、建築家の友成が本コンペへ出展したものです。

このデザインコンペは2002年から今年で4回目の開催になりますが、過去3回はグランプリ対象作品がなく、本コンペ初のグランプリ受賞という、とても栄誉のある受賞となりました。

東京都東村山市/S邸
東京都練馬区/O邸


コンシェルジュデスクから
いっしょに学ぶ家づくり
いっしょに考える土地活用
リフォームしようよ
メンバー紹介